美容サロン経営コラム

Vol.15 休憩時間は何をしても自由?



登場人物

まどかコーチ

元ネイリストの経営コンサルタント。神出鬼没だが、MON PREFERENCEの経営サポートを担っている。カナさんの紹介で、Bonheur(ボヌール)もサポートすることに。
橋本さん

カナさんが働くヘアサロンBonheur(ボヌール)のオーナー社長。3店舗を経営しており、トップスタイリストとして接客もこなす。
カナさん

橋本さんが経営するヘアサロンBonheur(ボヌール)に併設されているネイルブースで働くネイリスト。あおいちゃんのネイルスクール同期。

橋本さん、新入社員研修など、休憩時間や休日の過ごし方などについて教育する機会は設けていますか?

新人研修はやっているけど、休憩時間や休みの日については、特に話すことはしてないよ。あまり細かいこと言うのもよくないと思ってさ。

そうですよね、わかります。ただ、地域においては美容師のようなおしゃれの人が、しかも集団でいれば、とても目立つんです。ですから、新入社員研修のような最初の段階で、「いつでも見られている」という意識を持たせて立ち居振る舞いに気をつけるように伝えることが重要なんですよ。

私も、お休みの日に出かけたところをお客さまに見られていたと、後日知ったことがあります。いつどこで誰に見られているかわからないとなると、なおさら「悪いことはできないなぁ」と思いました。

うんうん、ホントにその通り。自分たちが思っている以上に、見られているよね。でも目立つことに対して、決して怯えることもないし、恥じない自分でいればそれでいいんですけどね。逆に、礼儀正しくふるまったり、地域の人に親切にしたりするだけで、サロンのイメージアップに繋がるという効果もあります。

イメージアップ!マーベラス! 次回の全店の定例ミーティングのときに、そのことを話してみよう! まどかくん、ミーティングのときに事例なども交えて話してくれるかな?

もちろんです! みっちり叩き込んで差し上げます!

お、お手柔らかにお願いします、コーチ。

コラムをもっと